“わたしの人生のテーマ”と”モネの言葉”

こんにちは!りぃです。
秋が近づいてきてるのを感じて 嬉しくて胸が高鳴っている 今日この頃です。

皆さんは人生のテーマについて考えたことがありますか?

私は27歳くらいの時に突然 閃いたことで
それが人生の軸になりました。

不思議だけど、ある日 突然
私の生きるテーマは

『豊かさ』だ!と感じました。

そしてそれから日々 豊かさについて学ぶなかで
10年が経つ頃に 私はシェアしてこそ私の喜びだ!
と分かったので 私の生きるテーマは

『豊かさの分かち合い』となったのです。

人生のテーマなんて決める必要があるのか?
と疑問に思う方も多いかもしれませんが
これによって 自分自身の軸ができ、日々の優先順位が決まります。

心のそこから湧き上がる喜びや幸せ、
私の大切なものを知っているのは
私自身だけなので、
私を幸せにすることができるのも
私自身なのです。

つい先日、面白かったのは
九星気学という占いの話を聞いた時に
私は 『四緑木星』という星だと知りました。

そして、この四緑木星の生き方は
奉仕の人生 『豊かさを分かち合うこと』
だったのです!

こんなにもぴったり来るなんて!
私はとっても幸せな気持ちになりました。

ここで、私が大切にしているのは、、
占いは後(あと)だという事です。

あくまでも確認作業として愉しみます。

自分で感じて決めて行動することが先で、
その後に 占いを愉しみます。
あくまでも自分で決めること。

ハッキリ言って占いでなんと言われようと
どーでも良いんです(^ ^)✨✨

なぜかというと
自分で決めることができなければ
結局 誰かに教えてもらった自分の情報に翻弄され
ブレ続けるだけだから。

今度 会ったら、あなたの人生のテーマを聞きたいな。優先順位。何でも良いんです。
あなたならではの考え方が聞けたら 私はとっても楽しい♪

生まれた意味や使命でさえも
自分で決めるんです。

ここで…
私が唯一 大好きだと言い切れる画家クロード・モネの言葉が素敵だったので ご紹介したいと思います。

美術館ではじめて彼の絵を観たときにその場から動くことができなかった。その後にこれが モネの絵だと知ったのです。

クロード・モネは,1840年,

フランスのパリ生まれの画家です

Claude Monet, French painter, painting ” Nymphéas “, the day of the 80 years. Giverny (Eure), on 1920. RV-62082

I am installed

in a fairylike place.

I do not know where to poke my head;

everything is superb,

and I would like to do everything,

so I use up and squander lots of color,

for there are trials to be made.

私は妖精が創ったかのような所に

すっかり落ち着いている

私は自分の頭をどこに突っ込んでいいのやら

わからない

全てが最高だ,

そしてどんなことでもやりたい

だから私はたくさんの色を

使い果たし無駄にする

というのも,試されるべきことが

いろいろあるからだ

——————————

すべてが最高だ!と言い切れるモネの幸福感が伝わってきますね。

私の夢は、
フランスのモネの家に行くことです。
モネが愛した自然溢れる家にいつか必ず行きたい。
これは、私のとっておきの夢です。

では、またね♪
最後まで読んでくださり ありがとう。
あなたとあなたの大切な人たちに御加護がありますように。

絵と花のアーティスト
りぃ.

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP